2017年02月20日

ソニー銀行、「外国為替証拠金取引」を取り扱い開始

ソニー銀行がFX(外国為替証拠金取引)に参入するようです。どの業者を利用するか迷ってしまいますね。

(ここから記事です)
ソニー銀行株式会社(代表取締役社長兼CEO:石井 茂/本社:東京都港区/通称:ソニーバンク)は、5月12日(月)より、お客さまの幅広い外貨運用ニーズにお応えするため、「外国為替証拠金取引」の取り扱いを開始しますのでお知らせいたします。

取り扱い通貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドルの8通貨です。通貨ペアは、対円、対米ドルから豊富な12ペアを提供いたします。お取り引きは、原則24時間365日(システムメンテナンス時などを除く)、パソコンからのインターネットバンキング、およびモバイルバンキングにて可能です。取引単位は1万通貨単位(香港ドルは10万通貨単位)で、1取引単位あたりの取引手数料は片道300円といたします。ソニーバンク円普通預金口座をお持ちの日本国内に居住する20歳以上のお客さまにご利用いただけます。

ソニーバンクは、2001年9月より、資産運用の選択肢の一つとして外貨預金を提供してまいりました。為替レートや金利設定をマーケットに連動させた商品性は、多くのお客さまにご支持いただいておりますが、今回の取り扱い開始により、さらにマーケットに近い水準でのお取り引きを可能とします。加えて、為替が円安・円高のいずれに動いても売買収益を得る機会を提供するとともに、証拠金と預金の連携を高め、外貨のままでも資金移動をスムーズに行えるようにすることで、お客さま一人ひとりの多様な運用スタイルにお応えします。

なお、この度の開始にあたっては、金融先物取引業協会に加盟しています。ソニーバンクは、健全な外国為替証拠金取引を推進してまいります。


■ソニーバンク「外国為替証拠金取引」の主な特徴

 ●市場レートに近い外国為替証拠金取引レート(1銭ごとに変動)

 ●合計12の豊富な通貨ペアで、原則24時間365日(システムメンテナンス時などを除く)お取り引き
  対円:米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル
  対米ドル:ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル

 ●証拠金の入出金はソニーバンク円・外貨預金からリアルタイム、手数料無料で

 ●差金決済とデリバリー取り引き(現物受渡決済)の利用が可能

 ●多彩な発注方法
  ストリーミング注文、指値、逆指値、IFD、OCO、IFDOCO、一括決済注文、成行注文(モバイルバンキングのみ)など

<ソニーバンクのサイト>
企業サイト http://sonybank.net/
サービスサイト http://moneykit.net/
(日経プレスリリースより)
posted by FXのトレード情報サイト at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | FX(外国為替証拠金取引)、ソニー銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。